くらし情報『「合理性ばかり求めると国内から技術が消える」。ファッション業界に反抗するTシャツを作った23歳のスケーター』

2018年8月3日 07:53

「合理性ばかり求めると国内から技術が消える」。ファッション業界に反抗するTシャツを作った23歳のスケーター

スケーターでファッションが好きな青年が、ファッション業界やものづくりを行う工場、職人に対する思いが込められた「生きているTシャツ」プロジェクトを始めた。クラウドファンディングでの同プロジェクトの支援率は、開始後一ヶ月経たずして、すでに80%を越えている。今回Be inspired!は、ニューヨークでファッションマーケティングを学ぶ準備のため、現地で英語を勉強している彼にメールでインタビューを行った。社会に対する思いを込めたブランドを始動させた背景には、何があったのだろうか。

目次

・「遊びも勉強も振り切れていなくてダサい」
・23歳の自分にできる、最大の反抗


width=\
Photo by Saya Nomura

「遊びも勉強も振り切れていなくてダサい」

彼の名は佐藤徹駿(さとう てっしゅん)、23歳。基本的にどこへでも持ち歩き、移動手段として使用しているスケボーを始めたのは高校生のときだった。現在の音楽や洋服の趣味もすべて、スケートカルチャーに影響を受けているといっても過言ではないという。そんなスケーターマインドを持つ彼だが、大学3年生までは正直なところ、あまり真面目な学生ではなくのんびり遊んでばかりだったと振り返る。

このままだと俺やばいって危機感とまわりのイケてる友達やかっこいい大人たちと自分を比べて、劣等感をめちゃくちゃ感じていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.