サッカー基本テクニック~ウエッジコントロール(アウトサイド)

2018年1月14日 13:00
 



サッカーの基本テクニック!ウエッジコントロール(アウトサイド)

サッカーにおいて、浮いたボールの処理に用いる技術の一つ。
基本的な技術ではありますが、サッカーの試合においてとても重要ですので、何度もトライして自分のモノにしましょう。
今回はアウトサイド編です!

■サッカー基本テクニックウエッジコントロール(アウトサイド)のやり方

浮いたボールの正面に入り、膝を曲げリラックスした状態を作ります。
ボールが地面にバウンドした瞬間にアウトサイドに当てます。

蹴り足は、ボールを縦に切るイメージで真下に下ろしましょう。
そうすることで、ボールにバックスピンがかかり、
できるだけ体の近くに(次の動作が行いやすい場所)ボールをコントロールすることができます。

詳しく知りたい方は、記事をチェック♪

最後に
いかがでしたか?
ウエッジコントロールは、浮いたボールをスペースにコントロールする時に使われる、最も基本的な技術の1つです。
アウトサイドはボールが見えづらいので少し高度ではありますが、何度も練習して感覚を身につけましょう!

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.