くらし情報『ケシャ、ドクター・ルークに対する新たな訴訟叶わず』

2017年3月23日 10:00

ケシャ、ドクター・ルークに対する新たな訴訟叶わず

ケシャ、ドクター・ルークに対する新たな訴訟叶わず

ケシャ

ケシャが内容を変更して臨んだドクター・ルークに対する新たな訴訟の嘆願を、裁判所が退けた。
ケシャの弁護団は今年1月、ケシャに印税が支払われていないのに加えケシャのサードアルバムにルークが参加に乗り気ではないことから、長年に渡ってルークから性的、身体的、感情的または言語での暴力を受けていたケシャがルークと結んでいる契約から解放されるべきだと主張した新たな訴訟を嘆願していた。
ケシャはその訴状の中で「虐待を行う配偶者からの離婚は可能です。関係が和解不可能になった場合、その関係を解消することが可能です。身体的、感情的、金銭的な破壊的な人間関係のしばりから解放されるという同様の機会が、レコーディング・アーティストにも与えられるべきです」と訴えていた。
しかしながら、ルークは印税を支払っていないのはケシャのほうで、1300万ドル(約1億4000万円)もの未払いがあるとしていた。
ビルボード誌が入手した書類によれば、ニューヨークの裁判所は21日(火)、ケシャの主張や内容に変更を加えた新たな訴訟の要求を退け、裁判官は「ケシャは、適切な通知をすることが無駄であった、もしくはケシャはそうすることを妨害されていたということを明らかにしていません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.