くらし情報『ジェレミー・レナー、ガンマンのドク・ホリデイ役へ』

2017年5月4日 22:00

ジェレミー・レナー、ガンマンのドク・ホリデイ役へ

ジェレミー・レナー、ガンマンのドク・ホリデイ役へ

ジェレミー・レナー

ジェレミー・レナーが実在したガンマン、ドク・ホリデイの伝記映画で主役を演じることが決定した。「アベンジャーズ」シリーズでお馴染みのジェレミーはパームスター・メディアがメアリ・ドリア・ラッセルの小説を映画化する権利を獲得したことをうけて、19世紀のアメリカに実在したガンマンのドク・ホリデイを演じることになった。
ジェレミーはケビン・フレイクス、ドン・ハンドフィールドとともにプロデュースを務めることが決定しており、ジェレミーとハンドフィールドは共同声明文の中で「新たな世代の人々に、普通の歯科医から保安官のワイアット・アープによって『銃を持った最も神経質で俊敏な悪党』と呼ばれるようになったアメリカの有名なキャラクターの1人の人生を、再び紹介できることにワクワクしています」「ジェレミー・レナーが演じるドク・ホリデイは...最高です」とコメントしている。
ラッセルの小説『ドク』『エピタフ:ア・ノベル・オブ・ザ・O.K・コーラル』は1881年にアリゾナで保安官のワイアット・アープと銃撃戦を繰り広げ、しがない歯科医から西部開拓時代の伝説のガンマンへと変わっていったドクことジョン・ヘンリー・ホリデイの人生を描いた作品だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.