くらし情報『リアム・ペイン、ソロデビューしないつもりだった!?』

2017年5月24日 14:00

リアム・ペイン、ソロデビューしないつもりだった!?

リアム・ペイン、ソロデビューしないつもりだった!?

リアム・ペイン

リアム・ペインはソロ活動をしない可能性もあったようだ。ワン・ダイレクションのリアムは先日『ストリップ・ザット・ダウン』でソロデビューを果たしたところだが、1Dが活動休止に入った2015年当初、作曲活動に集中したかったことから自らがソロデビューするつもりはなかったのだという。
「正直言って、ソロデビューするつもりじゃなかったんだ。ただソングライターとして活動しようとしていたんだよ。でも『14歳の時からこれを目指してたんだろ。その契約をもらえる機会があるっていうのに断るのは馬鹿げてる』って思ったんだ。あのグループの出身者として、かなり良い機会に恵まれていたわけさ。だから何かすべきだったんだよ」
『ストリップ・ザット・ダウン』ではワン・ダイレクションの『18』や『リトル・シングス』を手がけたエド・シーランが作曲に参加しているが、リアムはそのレコーディングのために到着したばかりのロサンゼルスからエドのいるイギリスへとUターンする羽目になったのだというエピソードも明かしている。「僕がロスのジムにいたら、『今すぐロンドンに来い』って電話がかかってきたんだよ。まさにロスに到着したばかりだったんだけど、Uターンしてロンドンに戻ったんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.