くらし情報『マライア・キャリー、映画『ザ・ハウス』での傲慢な態度に非難』

2017年5月26日 21:00

マライア・キャリー、映画『ザ・ハウス』での傲慢な態度に非難

マライア・キャリー、映画『ザ・ハウス』での傲慢な態度に非難

マライア・キャリー

マライア・キャリーが新作コメディ映画『ザ・ハウス』にカメオ出演を果たした際の態度を非難されている。同作の出演者の1人である俳優のロブ・ハベルによれば、マライアは4時間も遅刻してきた挙句、自身のトレーラーを白のバラと羊のぬいぐるみで一杯にするようになど、信じられないような要求をしていたという。
「僕らはマライア・キャリーっていう名前のポップスターと撮り直しをしたんだ。あまり良くなかったね。彼女ってどうしちゃってるの?信じられないような状況だったよ」とロブは話す。
『ザ・ハウス』はウィル・フェレルとエイミー・ポーラー演じる夫婦が娘の学費を稼ぐために秘密のカジノを始める様子を描いた作品となっており、その中でマライアは本人役としてわずかながら出演している。
しかしロブによれば、そのごく短時間の出演シーンに対しても、マライアは渡された脚本に文句をつけていたという。ロブはラジオ局シリウスXMの番組内でこう説明している。「彼女は1曲歌うために雇われたんだ。でも彼女は『あなた達、私はこの曲は歌いたくないわ』って言って、製作側は『でも僕たちはこの歌を歌ってもらうために君を雇ったんだよ』って言ってたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.