くらし情報『『ザ・スクエア』、今年度のパルムドール受賞』

2017年5月31日 11:00

『ザ・スクエア』、今年度のパルムドール受賞

『ザ・スクエア』、今年度のパルムドール受賞

リューベン・オストルンド

28日(日)、カンヌ国際映画祭の授賞式で最高賞のパルムドールに『ザ・スクエア』が選ばれた。スウェーデン人監督のリューベン・オストルンドが手掛けた同作品が、第70回カンヌ国際映画祭にて他の18作品の候補作を抑えてこの名誉ある賞を勝ち取った。
クレス・バングやドミニク・ウェスト、エリザベス・モスらが出演する『ザ・スクエア』の受賞は予想外とされているものの、オストルンド監督はこの賞を受賞したことで一生懸命仕事をしたことに価値があったと語っている。オストルンド監督はBBCのインタビューに「最初は『ワオ、なんて素晴らしいことが起こったんだ』って思ったね。2年くらいに渡って一緒に仕事をしてきた主演の俳優を抱きしめたよ」「みんなでいろんなことを悩んで作り上げた作品だから、最終的にこのような形になってとても嬉しいよ」とコメントしている。
『ザ・スクエア』はクレス演じる主人公のクリスチャンが自身のギャラリーで新たな展覧会に向けて準備をしている際に、自身の所有物が盗まれるという災難に見舞われ、その盗まれた物を一風変わった方法で取り戻そうとするストーリーだ。
そのほか『ユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア』でリン・ラムジーが脚本賞、主演のホアキン・フェニックスが男優賞に輝いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.