くらし情報『ジョシュア・ジャクソン、海洋保護団体オセアナの親善大使に就任』

2017年6月10日 20:00

ジョシュア・ジャクソン、海洋保護団体オセアナの親善大使に就任

ジョシュア・ジャクソン、海洋保護団体オセアナの親善大使に就任

ジョシュア・ジャクソン

ジョシュア・ジャクソン(38)が国際海洋保護団体オセアナのキャンペーンで広告塔を務めることになった。『FRINGE/フリンジ』などで知られるジョシュアは8日(木)のワールドオーシャンズデイに合わせ、オセアナを代表して海洋保護に対するメッセージを送った。
ビデオ広告の中でジョシュアは「海の健康は僕たちみんなに影響を与えます。いかに僕らと相互関係があるかということには驚かされるばかりです。魚類個体群が減少すると、人間だけでなく、ほかの海洋生物にも多大な影響を及ぼします。北大西洋のシャチは鮭を食べて生きています。世界中の漁師たちは、漁業によって家族を養っています。海を保護するということは、力強い生態系をサポートすると同時にお腹を空かせた人々に食料を与える手助けにもなるのです。オセアナと協力し、海を保護して、世界の人々に食料を供給する手助けができることを心から楽しみにしています」とコメントしている。
そしてジョシュアは常に海とそこに住む生物に驚かされてきたが、海洋保護についてはあまり多くの人たちが意識的でなく、興味を傾ける話題となっていないことに悲しみを感じるとジャスト・ジャレッドとのインタビューで語っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.