くらし情報『チャンス・ザ・ラッパー、ドクター・ドレーに謝罪』

2017年6月24日 21:00

チャンス・ザ・ラッパー、ドクター・ドレーに謝罪

チャンス・ザ・ラッパー、ドクター・ドレーに謝罪

チャンス・ザ・ラッパー

チャンス・ザ・ラッパーがドクター・ドレーのレコードレーベルを非難したことを正式に謝罪したようだ。最近の「ビー・エンカレッジド」ツアー中における『ノー・プロブレム』のパフォーマンス中、ドクター・ドレーのアフターマス・エンターテイメントのようなレーベルをパロディにしていたチャンスだが、「音楽界へのその尽力と貢献を軽視」する発言であったとしてソーシャルメディアで謝罪した。
チャンスはツイッターへの一連の投稿の中で「ドクター・ドレーとアフターマスの皆さんに、音楽界へのその尽力と貢献を軽視するような発言を公にしたことを正式にお詫びします」「ビー・エンカレッジドのツアーをした時、大手レーベルを皮肉り、評価を下げるようなLEDを作った。アーティストを向上させようとする僕の全体としての見解を曖昧にするだけでなく、文化を発展させるために尽力してきたアーティストの所有する事業を持ち出すということを含め、間違いを犯してしまった」と謝罪した。
チャンスはレコード会社と契約していないことで知られているが、以前にはチャンスのアルバムを2週間限定でストリーミング配信することに対し、アップルミュージックが50万ドル(約5500万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.