くらし情報『マライア・キャリー、わがままな態度で『ザ・ハウス』カメオ出演が白紙に?』

2017年6月27日 22:00

マライア・キャリー、わがままな態度で『ザ・ハウス』カメオ出演が白紙に?

マライア・キャリー、わがままな態度で『ザ・ハウス』カメオ出演が白紙に?

マライア・キャリー

新作映画『ザ・ハウス』にカメオ出演する予定のマライア・キャリーだったが、自身の自分勝手な振る舞いにより、その出演シーンをカットされていたようだ。
同アンドリュー・J・コーエン作でレジー・ヘンダーソンを演じるセドリック・ヤーブロー(44)は、マライアが撮影に4時間遅刻してきたうえに、脚本通りに撮影することを拒んだとフェイスブック上で明かした。
その書き込みは今では削除されているが、内容は次の通りである。「マライアを待つ間、彼女の代役を立てて撮影を行うという話になった。全てはうまくいったけど、マライア本人が到着したとき、彼女はそれに合せて演技することを拒み始めた。『監督、こんなの私のやり方じゃないわ』ってね。俺は確かに彼女がそう言ったのを聞いたよ。彼女は髪がきれいになびくよう大型送風機を用意させ、カメラも上からのアングルでとの要求を出した。つまりクレーン撮影ってことだ。彼女はプロ失格で、要求に応えようとしていた監督に対しても失礼な態度だった」「『ヴィジョン・オブ・ラヴ』の頃のマライアが懐かしいよ。もっとプロ意識を持ってくれよな」
同じく共演者のロブ・ヒューベルは、エンターテイメント・ウィークリーのラジオにて、こう話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.