くらし情報『ジェイムス・ベイ、自身のエピフォンのギターを発表』

2017年7月6日 09:00

ジェイムス・ベイ、自身のエピフォンのギターを発表

ジェイムス・ベイ、自身のエピフォンのギターを発表

ジェイムス・ベイ

ジェイムス・ベイが自身のアーティストモデル、エピフォン1966のセンチュリーを発表した。
ジェイムスはデビューからツアーを共にしてきた1966年製センチュリーをモデルに自身のギターを製作したようで、自身のモデルがこのアーチトップのクラシックに加わることに喜びを隠せないようだ。
ジェイムスはエピフォンのギターを幼少の頃から使用していたとのことで、今回同ブランドと自分のカスタムモデルを作ることができて長年の夢が叶ったという。「僕と66年製エピフォンセンチュリーはずっと一緒だったんだけど、やっぱり少しがたが来て、ツアーをずっとまわって弾くのは難しくなってきたんだ」「エピフォンが僕のカスタムモデルを作ってくれるなんて、子供の時に初めてギターを触った時からの夢で、今回その夢が叶ったんだよ。センチュリーに僕の名前が冠されるなんて本当に幸運だよ。これからこの最高のギターと世界を回るんだ」
このカスタムモデルには、シングルコイルのキンマンノイズレスP-90ピックアップに真鍮ピンのついた60年代製ローズウッド製ブリッジ、ウィルキンソンのペグを搭載し、60年代にインスパイアされたハードケース、さらには手書きのサインの入った証明書、ジェイムス自身のストラップのコピーモデルと写真という特典付きだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.