くらし情報『トム・ヨーク、イスラエル公演ボイコットに反論』

2017年7月14日 10:00

トム・ヨーク、イスラエル公演ボイコットに反論

トム・ヨーク、イスラエル公演ボイコットに反論

トム・ヨーク

トム・ヨークは、レディオヘッドとしてイスラエルでライブをすることはドナルド・トランプを嫌悪していようとアメリカでライブをするのと同じことだと主張している。
トムはケン・ローチ監督が、パレスチナ人の敵をサポートしないようにと、19日に行われるテルアビブでのレディオヘッドの公演の中止を求める請願書にサインしたことに対し異を唱えたかたちだ。
ローチ監督は「レディオヘッドは虐げられる者か迫害する者どちらの側に立つのか決断するべきだ。容易な選択なはずだ」とトムに対してツイートすると、トムはレディオヘッドがイスラエル公演を行うことが同国ベンジャミン・ネタニヤフ首相を支持しているという意味ではない主張している。トムは少し怒り気味のツイートでこのように述べている。「ある国でライブをすることがその国の政府への支持を表明することになるのか?僕らはイスラエルで20年間色々な政治局面の中ライブをやってきたんだ」「今アメリカにいるけど、僕たちはトランプだろうとネタニヤフだろうと別に支持なんかしていない。けれどアメリカでもライブをするんだ。音楽、アート、学問はそういった分断を飛び越えるもので、人々の間に壁を立てることじゃないんだよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.