くらし情報『ラリー・リッチー、音楽に専念するため俳優引退?』

2017年7月16日 09:00

ラリー・リッチー、音楽に専念するため俳優引退?

ラリー・リッチー、音楽に専念するため俳優引退?

ラリー・リッチー

ラリー・リッチー(27)が音楽でのキャリアに集中するため、俳優を辞めるつもりのようだ。本名ジェイコブ・アンダーソンの名で俳優業もこなし、人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のグレイ・ワーム役としても人気のラリーだが、今後は新作アルバムのリリースに力を注ぎたいため、同シリーズの撮影終了をもって俳優業を辞めるだろうと明かしている。「『ゲーム・オブ・スローンズ』はあまりにも素晴らしいから、その他のものは見劣りしちゃうね。この4年間、他の作品には出演してこなかったんだ。今は音楽に専念して、アルバムを完成させてツアーに出ることに集中しているところさ」
演じることにあまり熱心でないというラリーだが、同シリーズを8シーズンで終了することについては、「とっても寂しくなるだろうね。キャスト全員と制作に携わっていただけじゃなく、このドラマの一視聴者としてもね」とデイリー・スター紙に語った。
また、同シリーズでブラン・スターク役を演じているアイザック・ヘンプステッド=ライトも以前、キャスト陣にはミュージシャンが多くいるため一緒に音楽活動をしたいものの、全員異なった音楽性なのでまとめるのは大変だろうと話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.