くらし情報『ジョージ・クルーニー、自身の監督作品からジョシュ・ブローリンを降板』

2017年8月16日 22:00

ジョージ・クルーニー、自身の監督作品からジョシュ・ブローリンを降板

さらに『サバービコン』からジョシュのシーンをカットしたことについて、ジョージは「選択の余地がなかった」と付け足した。「今回の『サバービコン』に関して言えば、僕たちみんな選択の余地がないっていう感じだった。ジョシュはとてもいい演技をしてくれたんだけどね。こういったことは俳優にとって本当にフェアじゃないから、話すのは好きじゃないんだ。ただ、ジョシュの演技はこの作品で素晴らしかったってことは伝えたいね」
マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックが出演する新作『サバービコン』は10月公開を予定している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.