くらし情報『『X-MEN』のベン・ハーディ、新作映画『ボヘミアン・ラプソディー』に出演』

2017年8月23日 16:00

『X-MEN』のベン・ハーディ、新作映画『ボヘミアン・ラプソディー』に出演

『X-MEN』のベン・ハーディ、新作映画『ボヘミアン・ラプソディー』に出演

ベン・ハーディ

『X-MEN:アポカリプス』の若手俳優ベン・ハーディが、ジョセフ・マッゼロ、グウィリム・リーらと共にクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディー』に出演するのではないかと報じられている。
バンドのフロントマンであるフレディ・マーキュリーを演じるのはラミ・マレックで、今回起用が明らかになった3人はそれぞれ、ベンがドラマーのロジャー・テイラー、ジョセフがベーシストのジョン・ディーコン、そしてグウィリムがギタリストのブライアン・メイを演じるとみられている。ハリウッド・リポーターによると、ラミとグウィリムは既に契約書にサインし、同役を演じることが決定しているそうだ。製作は同作監督でもあるブライアン・シンガーとグラハム・キング、ジム・ビーチが共同で務め、脚本はジャスティン・ヘイスが担当する。製作総指揮はデニス・オサリバンとアーノン・ミルチャンが共に務め、製作は今年の秋からスタートするとみられ、全米公開は2018年12月25日のクリスマスを予定している。同作では伝説的ロックバンド、クイーンの結成から1985年のチャリティコンサート「ライブ・エイド」に参加するまでが描かれる。
バンドを象徴する存在でもあるロジャーを演じるベンについて、ある情報筋は次のように話している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.