くらし情報『ジャスティン・ビーバー、270万円をアメリカ赤十字社に寄付』

2017年9月5日 15:00

ジャスティン・ビーバー、270万円をアメリカ赤十字社に寄付

ジャスティン・ビーバー、270万円をアメリカ赤十字社に寄付

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー(23)がハリケーン・ハービーの救援活動を支援するため、アメリカ赤十字社に2万5千ドル(約270万円)を寄付した。
ジャスティンはソーシャルメディアを通して、今回テキサス州を襲った「ハービー」の被災者を手助けする目的で同社に義援金を送ったことを発表している。
インスタグラムに投稿された動画でジャスティンは「ハリケーン・ハービーの写真を今見ているんだけど、今回家を失った家族、命を失った人全てを本当に気の毒に思うよ。ケヴィン・ハートのチャレンジを受けて、赤十字に2万5千ドルを送ることにしたんだ。ヒューストンのみんなを愛している。君たちは素晴らしく、そして強いね。今回の出来事はとても心苦しいよ」とコメントを送り、「愛している、ヒューストン!!」とキャプションをつけている。
今回のジャスティンの寄付はコメディアンのケヴィン・ハートが自身のインスタグラム上でハリケーン・ハービー・リリーフ・チャレンジの呼びかけを行い、セレブリティの友人たちに向け寄付を促したことが発端となっていた。「これはかなり深刻な状況なんだ。今も体調を崩して助けを求めている人々がいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.