くらし情報『ミランダ・ランバート、今年のカントリーミュージック協会賞で最多ノミネート』

2017年9月6日 12:00

ミランダ・ランバート、今年のカントリーミュージック協会賞で最多ノミネート

ミランダ・ランバート、今年のカントリーミュージック協会賞で最多ノミネート

ミランダ・ランバート

ミランダ・ランバート(33)が今年カントリーミュージック協会賞(CMAs)で最多の5部門にノミネートされている。
ミランダは『ティン・マン』でシングル賞、楽曲賞、『ヴァイス』でミュージック・ビデオ賞、『ザ・ウェイト・オブ・ディーズ・ウィングス』でアルバム賞の候補にそれぞれ挙がり、2010年から5年連続で受け取っていた女性ボーカリスト賞にも11回目のノミネートとなり受賞が期待されるものの、最高賞となるエンターテイナー・オブ・ザ・イヤーは今年も見送りとなった。同最高賞は今年ミランダに次いで4部門でノミネートされリトル・ビッグ・タウンと並んでいるキース・アーバン及びガース・ブルックス、ルーク・ブライアン、エリック・チャーチ、クリス・ステープルトンの中から選出されることとなる。
ノミネートの発表は4日(月)TV番組『グッド・モーニング・アメリカ』で行われ、ブラザーズ・オズボーンのT.J.オズボーンは兄のジョンと共に『イット・エイント・マイ・フォルト』でミュージック・ビデオ賞、そして再度ボーカルデュオ賞にノミネートされたことに安堵しているとし、「僕はノミネートだけでも十分に凄いことだと思っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.