くらし情報『男性が退屈な人間になるのは39歳!?』

2017年9月12日 08:00

男性が退屈な人間になるのは39歳!?

男性が退屈な人間になるのは39歳!?

男性が退屈な人間になるのは39歳!?

男性は39歳のときに最もつまらない人間になるという。最新の研究で、多くの男性が40歳に到達する手前、つまりワクワクする物事の多くを達成してしまった年齢になると、人間的に最もつまらなくなることが明らかになった。
この研究は倦怠感や興奮を感じる平均年齢を割り出すために、2000人の人々を対象にAirbnbによって行われた。
研究結果によると、人間は27歳で砂漠を横断したり、バーカウンターで踊ったり、ベースジャンプをしたりするなどのアクティブな行動をとる傾向にあり、30代に入って多くの責任を感じるようになると腰の重い人間になるという。
しかし女性の場合は、「退屈な人」になる平均年齢が男性よりも早いそうで、35歳でアクティブでなくなると研究結果が示している。
調査された人々によると、人を楽しませる要素としては、平日に深夜まで外出する、新しい趣味を始める、新しい友人を作るため新しい場所に出向く、衝動的に旅行の予約をする、新しいスキルを学ぶ、突然友人の元を訪ねる、転職、衝動買い、誰かをデートに誘う、新しいスポーツに挑戦するなどが含まれるそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.