くらし情報『グウィネス・パルトロウ、芝生を裸足で歩くのが一番の健康法』

2017年9月13日 12:00

グウィネス・パルトロウ、芝生を裸足で歩くのが一番の健康法

グウィネス・パルトロウ、芝生を裸足で歩くのが一番の健康法

グウィネス・パルトロウ

グウィネス・パルトロウ(44)は、「生きるエネルギーを満たす」ためには自分の気分を良くさせるものが何か知っておくことが一番大切だと考えているという。グウィネスの場合、それが地面の上を歩くことなのだそうだ。
自身が手掛ける健康とライフスタイルのブランド、グープが編集する雑誌の中で、グウィネスは「私にとって、靴を脱いで芝生の上を歩くときが一番心が癒されるわ。科学的な根拠を挙げるのは難しいけれど、とにかく『気持ちがいい』のよ。エネルギーがみなぎってくるの」と語っている。
元パートナーのクリス・マーティンとの間にもうけた13歳のアップルちゃんと11歳のモーゼ君の母親でもあるグウィネスは、珍しい美容法を試すことでも有名で、最近は「ヒッピーな」自然食の店にあった本を読んでマスタークレンズに挑戦したそうだ。「グリニッジ・ビレッジにあるヒッピー調の自然食の店でマスタークレンズについて書いてある本を見つけたの。何これ?って思って、マスタークレンズを試した次の日、ただやってみただけなのにとても気持ちが良かったの。今すぐビールを飲んでタバコを吸いたい!って感じだったわ」
他にもグゥイネスは昨年蜂の針を使用したアピセラピーを実践しており、おかげで帝王切開の痕が綺麗になったと認めており、「針治療のように、生きた蜂の針を体に刺すの。帝王切開の痕に使ったんだけれど、傷跡のでこぼこが、本当に綺麗になったのよ」とコメントしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.