くらし情報『フランク・ヴィンセント、78歳で死去』

2017年9月15日 10:00

フランク・ヴィンセント、78歳で死去

フランク・ヴィンセント、78歳で死去

フランク・ヴィンセント

俳優フランク・ヴィンセントが78歳でこの世を去った。先週フランクは心臓発作を起こし、13日(水)にニュージャージー州内の病院で開胸手術中に息を引き取ったとTMZは報じている。マーティン・スコセッシ監督作品の『レイジング・ブル』や『グッドフェローズ』『カジノ』などにも出演歴を持つフランクは、テレビドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』に1話出演しているほか、近年ではテレビドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』のフィル・レオタルド役で知られていた。
以前フランクは、自身がイタリア系アメリカ人のためマフィア役として配役されることが多いとして、自分とジョー・ペシが同じ役を取り合うことが多いと話していた。「イタリア系アメリカ人?それならフランクかジョーだろう。それが自分ってものだからね。他の役も演じたことはあるけど、ニュージャージーっていうバックグラウンドだからそうなってしまうのさ。仕方ないけど、多様な役柄も演じるようにはしているよ」
また俳優としてのみならず、フランクは2006年に書籍『ア・ガイズ・ガイド・トゥ・ビーイング・ア・マンズ・マン』も共同執筆しているほか、ミュージシャン、コメディアン、プロデューサーとしても活躍した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.