くらし情報『スティーヴン・タイラー、南米ツアー中に発作を起こしていた』

2017年9月30日 14:00

スティーヴン・タイラー、南米ツアー中に発作を起こしていた

スティーヴン・タイラー、南米ツアー中に発作を起こしていた

スティーヴン・タイラー

スティーヴン・タイラー(69)が南米ツアー中のブラジルで発作を起こしていたという。26日(火)にスティーヴンの「予期せぬ健康上の問題」のためエアロスミスの南米ツアーのうち最後の4公演がキャンセルされたばかりだが、Boston.comに関係者が語ったところによると、スティーヴンは25日(月)に行われたサンパウロでのライブ後に発作に見舞われていたという。
しかし原因については不明なままで、アメリカ帰国前に診断を受けたのかも未だ定かではない。
同バンドは声明文を通してツアーのキャンセル理由についてこう語っていた。「ボーカルのスティーヴン・タイラーは突然の健康上の問題により、迅速なケアを必要としています。よって遺憾ではありますが、医師らの忠告のもと南米ツアーラスト4公演をキャンセルさせていただきます」
そして、スティーヴン本人からも、命の危険はないものの、これからもライブをし続けることができるよう早急に医師にかかる必要があることが綴られていた。「南米のみんな。ブラジル、チリ、アルゼンチンにメキシコ。がっかりさせてしまい、本当に申し訳ない。残りのツアーを続けることができなくなったんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.