くらし情報『エレン・ペイジ、カミングアウトしたことで幸福感を得た』

2017年10月2日 08:00

エレン・ペイジ、カミングアウトしたことで幸福感を得た

エレン・ペイジ、カミングアウトしたことで幸福感を得た

エレン・ペイジ

エレン・ペイジ(30)は同性愛者だとカミングアウトしたことで幸福感と心の安らぎを感じたそうだ。2014年2月14日に行われたヒューマン・ライツ・キャンペーンのイベントで同性愛者であることを告白したエレンだが、自分自身に正直であろうと決めたことが人生に非常にポジティブな効果をもたらしたとディーバ誌に語っている。「全てが違うわ。カミングアウトした翌日から日ごとに、もう何年も感じることのなかった幸福感と心の安らぎを感じ始めたの。今の人生には圧倒されているわ。私の仲間をサポートする立場にいることができて嬉しい。それに、カミングアウトした後もどんなタイプの役柄でも演じられるってことを示すこともね」「物事は変化していて、もっと多くの人がカミングアウトすることで、カミングアウトしたらキャリアが台無しになるっていう考えを無くすことを助けられる。私たちは行動しなきゃいけないのよ」
またエレンはカミングアウト前には「どんどん不幸せ」になっていき、自身を偽ることが仕事にも影響し始めたというが、今では全く異なった心境だと続けた。「以前自分を隠さなくちゃいけなかった時はどんどん不幸せで居心地悪くて心配になっていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.