くらし情報『ジュリア・ロバーツ、若気の至りを認める』

2017年10月4日 11:00

ジュリア・ロバーツ、若気の至りを認める

ジュリア・ロバーツ、若気の至りを認める

ジュリア・ロバーツ

ジュリア・ロバーツ(50)が若かりし頃の自分が自己中心的であったと振り返った。『プリティ・ウーマン』で一躍スターダムを駆け上がり、2000年には『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー主演女優賞を受賞するなど輝かしいキャリアを築いてきたジュリアだが、英版ハーパーズ・バザー誌とのインタビューで若い頃の自分が気難しい人間であったと告白した。
ジュリアは当時の自分について「私は自分が1番だったのね。自分勝手な悪ガキが走り回って映画を作っているという感じだった」と振り返る。
しかしジュリアは15年間連れ添い、3児をもうけている夫ダニエル・モダーとの出会いにより、物事の見方が変わり、人間として成長したと続けている。「ダニエルとの出会いね...私の相手を見つけたから。私の人生を構成している要素が何かと考えてみると、私の中で輝いているのは彼だと納得するの。彼からの全てのことが私のためになっているの」
そんなジュリアは出演作を吟味することに決めたと語っているものの、仕事量を減らすという意味ではないようで、その作品が意味を持つ映画であるか見極めることが大事なのだと語った。「自分がなぜそのことをしているかを忘れないこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.