くらし情報『ロマン・ポランスキー監督に新たな淫行容疑が浮上』

2017年10月5日 08:00

ロマン・ポランスキー監督に新たな淫行容疑が浮上

ロマン・ポランスキー監督に新たな淫行容疑が浮上

ロマン・ポランスキー

『戦場のピアニスト』で知られるロマン・ポランスキー監督(84)が1972年に当時15歳の少女に性的暴行を働いたとして起訴されている。
ドイツ出身の元女優、レナーテ・ランガーさん(61)が1972年にスイスのグシュタードでポランスキーから性的暴行を受けたとして訴えを出したことで、ポランスキーは現在スイス警察により調査を受けているという。
スイス警察のクリュージ・ハンスペター氏はランガーさんが9月26日に警察の事情聴取を受けたことを認めている。
事情聴取の中で、今年8月にロビンとだけ名乗る女性が16歳だった1973年当時ポランスキーから性的暴行を受けたと発表したことをきっかけに、自身の経験も社会に出す必要があると感じたとランガーさんは話していたそうだ。
ランガーさんは、これまでは今は亡き両親への考慮からこの事件を表沙汰にはしないという決断をしていたと説明しており、ニューヨーク・タイムズ紙には「私の母は心臓発作を起こしたでしょう。私は恥ずかしく、心が空っぽで孤独を感じていました」と語った。
8月に、ロビンさんはポランスキーが他の少女に対しても性的暴行を働いたことを世界中に知らしめることで告白を決めたと語っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.