くらし情報『ジム・キャリー、『バットマン フォーエヴァー』時のトミー・リー・ジョーンズとの確執に触れる』

2017年10月5日 17:00

ジム・キャリー、『バットマン フォーエヴァー』時のトミー・リー・ジョーンズとの確執に触れる

ジム・キャリー、『バットマン フォーエヴァー』時のトミー・リー・ジョーンズとの確執に触れる

ジム・キャリー

ジム・キャリートミー・リー・ジョーンズから嫌われていたのは、『バットマン フォーエヴァー』の撮影時に自分がスター扱いだったからだと語った。ヴァル・キルマーがバットマンを演じた1995年の同作でリドラー役のジムとツーフェイス役のトミーが不仲であったことは公然の秘密となっているが、今になってトミーから嫌われた理由についてジムが『ノーム・マクドナルド・ライブ』の出演時に説明した。
ジムはトミーとレストランで出くわして気まずかったというエピソードを用いてこう語った。「僕がスターだったんだ。それが問題だったんだよ。彼のところに行って『やぁ、トミー、元気?』って言ったんだ。そしたら僕のことを一日中考えていたかのように彼の顔から血の気が引いたんだ。あれは映画の中で最も重要なシーンの1つを撮影する前だったね。彼が震え始めて、立ち上がったんだ。まさに僕を殺す白昼夢の最中かなんかだったんじゃないかな。僕にハグをして『俺はお前が嫌いだ。本当に好きじゃない』って言ってきたんだ。だから僕は『ええ、なんで?』って聞き返して、やらなきゃよかったんだけど椅子を引き出したんだ。そしたら彼が『お前のおどけぶりは容認できない』って言われたよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.