くらし情報『アデル、アバ、ケイティ・ペリーの曲がカラオケ禁止!?』

2017年10月24日 08:00

アデル、アバ、ケイティ・ペリーの曲がカラオケ禁止!?

アデル、アバ、ケイティ・ペリーの曲がカラオケ禁止!?

アデル

アデル、アバ、ケイティ・ペリーの曲がカラオケ配信禁止となった。デイリー・ミラーによるとアデルの『ハロー』、アバの『ダンシング・クイーン』、ケイティの『ロアー~ 最強ガール宣言!』が配信禁止のリストに入り、多数のバンドやアーティストの曲がカラオケに移行する権利を失うという。
今回の決定はストリーミングカラオケとして既に実地されており、来年1月からはカラオケCDにも適用される予定だ。
一方、カラオケCD制作会社ボーカル・スターのディレクター、ジェイ・テイラー氏は家庭のカラオケ機器に影響がでるとして、「なぜこういう事をするのか理解できません。意味がわかりません」と語っている。しかし、特定の楽曲が何故禁止となったかについて明確にはされておらず、音楽著作権のコンサルタント会社フットプリント・ミュージックのロブ・ケンプトン氏は様々な理由が可能性があるとして、「アーティストたちはカラオケ会社と各々で取り決めを行いたいのでしょう。もしくは曲が垂れ流しされて、人々が飽きるのを防ぎたいのかもしれません」「カラオケが好きじゃないといった単純な理由もあるでしょう」と答えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.