くらし情報『ナオミ・ワッツ、新作スリラー『ザ・ウルフ・アワー』の主演に』

2017年10月24日 16:00

ナオミ・ワッツ、新作スリラー『ザ・ウルフ・アワー』の主演に

ナオミ・ワッツ、新作スリラー『ザ・ウルフ・アワー』の主演に

ナオミ・ワッツ

ナオミ・ワッツがヒッチコック風と言われる新作スリラー『ザ・ウルフ・アワー』の主演を務めると報じられている。
現在『ツイン・ピークス The Return』に出演中のナオミは、このアリステア・バンクス・グリフィン監督によるサイコスリラー新作で製作総指揮も務めるようだ。
撮影は年内にもニューヨークにて開始されるとみられ、ナオミはカウンターカルチャー時代にはその名を馳せながらも、現在ではブロンクスのアパートで1人暮らしをする女性を演じる予定だ。実際に起こった連続殺人事件「サムの息子」が起こった1977年、世間とのつながりを断ち、孤立した生活を送っていたところ、予期せぬ人物の登場によって弱みをつかれるという役どころになっている。
世界的な配給を務めるハンウェイ・フィルムスの取締役社長ガブリエル・スチュワート氏はキャスティングや演出に触れ、同作が持つ「緊張感」はアルフレッド・ヒッチコック級であると称賛した。「『ザ・ウルフ・アワー』ではアカデミー賞にノミネートされたほどの実力派であるナオミ・ワッツが見せる様々な表情によってヒッチコック作風の緊張感が生まれるはずです。監督であるアリステア・バンクス・グリフィンはこの作品の世界観を作るにあたり明確なヴィジョンを持っており、我々のあらゆる感覚が刺激されることでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.