くらし情報『ケリー・クラークソン、デビュー当時ダイエットを強いられ自殺したかった!?』

2017年10月25日 10:00

ケリー・クラークソン、デビュー当時ダイエットを強いられ自殺したかった!?

ケリー・クラークソン、デビュー当時ダイエットを強いられ自殺したかった!?

ケリー・クラークソン

ケリー・クラークソン(35)は歌手になりたての頃、体重を減らすように強いられたことで自殺を図ろうとしたことがあったという。2004年にリリースされたデビューアルバム『ブレイクアウェイ』がヒットとなったことで、容姿を良くしなければいけないとプレッシャーをかけられたそうで、体重を減らすように強いられたことが非常に惨めだったために命を絶ってしまいたかったとアティチュード誌で振り返っている。「本当に痩せていたあの頃、自殺したかった。その4年間はとても惨めだったの。でも美的にかなっているという理由で誰も気にしなかった」
また、高校時代には摂食障害だったこともあるケリーは、デビュー当時は非常に暗い時期だったと付け足している。「そこから抜け出す唯一の方法は辞めてしまうことだと思った。その時にしていたことと言えばヘッドホンを付けて走ることだったから、膝も足もボロボロだったの。いつもジムにいたのよ」
そんなケリーは現在3歳の娘と1歳半の息子を持つ2児の母だが、今はもう体重も気にしていなく、自分の体に満足していると以前語っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.