くらし情報『ケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑 で『ハウス・オブ・カード 野望の階段』中止へ』

2017年11月1日 13:00

ケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑 で『ハウス・オブ・カード 野望の階段』中止へ

ケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑 で『ハウス・オブ・カード 野望の階段』中止へ

ケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシー(58)にセクハラ疑惑が持ち上がったことで、ケヴィン主演のテレビシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』がキャンセルされた。同シリーズを放送しているネットフリックスは、来年に最後となる13エピソードを放送すると声明で発表した。「メディア・ライツ・キャピタルとネットフリックスは、昨日報道されたケヴィン・スペイシーに関するニュースによって大変な問題が発生しました。そのニュースに対応するため、それぞれ2社のエグゼクティブらがボルチモアに到着し、キャスト陣やスタッフが引き続き安心して仕事に取り組み、サポートを受けられることを再確認するためにミーティングを開きました。以前から予定されていた通り、ケヴィン・スペイシーは現在撮影には参加していません」
しかし、その後には『ハウス・オブ・カード』のスピンオフ作を制作中であることが報じられている。ヴァラエティ誌によれば、ネットフリックスとメディア・ライツ・キャピタルはマイケル・ケリー演じるダグラス・スタンパーなどのキャラクターに焦点を当てた作品を検討しているようで、エリック・ロスが脚本を執筆する方向のようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.