くらし情報『ケヴィン・スペイシー、セクハラ被害報告が続出』

2017年11月2日 12:00

ケヴィン・スペイシー、セクハラ被害報告が続出

ケヴィン・スペイシー、セクハラ被害報告が続出

ケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシーにセクハラ行為をはたらかれたとされる男性がさらに名乗りを上げている。1986年に若干14歳であったアンソニー・ラップに対して性的行為を求めたとして非難されているケヴィンだが、今回新たに3人の男性がセクハラ行為をされたと名乗り出た。
ドキュメンタリー制作者のトニー・モンタナは2003年にロサンゼルスにあるコロネット・パブでケヴィンに痴漢行為をはたらかれたとして、RadarOnline.comにこう語っている。「飲み物を頼みに行ったらケヴィンが来て、腕を回してきたんです」「一緒にどこか別の場所に行こうと誘われました。そして僕の股間に手を押し付けてきて、さらには握られたんです」
当時30代だったというトニーは、なんとかケヴィンの手を払ってその場を去ったものの、トイレにまでついてきたため、ケヴィンを押しのけて一緒にいたケヴィンの友人にその「酔っぱらい」を連れて帰るように伝えたそうだ。
その後、ケヴィンと顔を合わせることはなかったというトニーだが、その経験により心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患ったとしている。
そしてダニエル・ビールは2010年、英ウェスト・サセックスにあるグッドウッド・パーク・ホテルのバーで働いていた際、ケヴィンから股間を露出されたと訴えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.