くらし情報『ビヨンセ、実写版『ライオン・キング』でナラ役に決定!』

2017年11月3日 22:00

ビヨンセ、実写版『ライオン・キング』でナラ役に決定!

ビヨンセ、実写版『ライオン・キング』でナラ役に決定!

ビヨンセ

ビヨンセが実写版『ライオン・キング』でナラの声を担当することが発表された。主役のシンバにはドナルド・グローヴァーが決定しており、悪役のスカーは『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォーが演じる。
今回SNSでフルキャストが発表されており、ビリー・エイチュナーとセス・ローゲンがティモンとプンバァのコンビ、ジェームズ・アール・ジョーンズが1994年のアニメ版でも担当したシンバの父ムファサ、アルフレ・ウッダードがシンバの母サラビ、ジョン・オリバーがザズー、ジョン・カニがラフィキの声をそれぞれ務めることになった。
監督を務めるジョン・ファヴローは2019年7月の公開を目指してすでにプリプロダクションに着手しており、ジェフ・ナサンソンが脚本を執筆中だ。
エルトン・ジョンとティム・ライスによるオリジナルの名曲『愛を感じて』『準備しておけ』『早く王様になりたい』のほか、今回の実写版には新曲も含まれる予定だ。
オリジナル作のエンディングで使用された『愛を感じて』は1995年度のアカデミー賞で歌曲賞を受賞している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.