くらし情報『テイラー・スウィフトの曲がカントリーミュージック協会賞でソング・オブ・ザ・イヤーに輝く』

2017年11月10日 15:00

テイラー・スウィフトの曲がカントリーミュージック協会賞でソング・オブ・ザ・イヤーに輝く

テイラー・スウィフトの曲がカントリーミュージック協会賞でソング・オブ・ザ・イヤーに輝く

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトの曲がカントリーミュージック協会賞(CMAs)でソング・オブ・ザ・イヤーを受賞した。8日(水)にナッシュビルのブリジストン・アリーナで開催された式典で、テイラーが作曲したリトル・ビッグ・タウンの『ベター・マン』がその栄誉に輝いた。
テイラーは欠席したものの、リトル・ビッグ・タウンは受賞スピーチでテイラーの貢献を称え、メンバーのカレン・フェアチャイルドは観客に向かいこう語った。「私たちが作曲したわけではないわ。ある夜(バンドメイトの)フィリップがチェックしたメールの中に、この曲が入っていたの。テイラー・スウィフトにお礼を言いたい。彼女は今夜ここに来ることができなかったの」「テイラー、今どこにいるのかわからないけど、この美しい曲を作ってくれて、そしてナッシュビルを愛してくれて感謝してるわ。ファンとカントリー音楽のラジオ局も私たちに色々よくしてくれてありがとう」
その時『サタデー・ナイト・ライブ』のリハーサルのためニューヨークにいたテイラーだが、式典のTV放送を見ていたようで、自身の観覧姿の写真と共に「ニューヨークでリハーサル中。愛しているわ、リトル・ビッグ・タウン、そしてCMAs」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.