くらし情報『『モリーズ・ゲーム』、ケヴィン・スペイシー出演映画の代替作品に』

2017年11月14日 19:00

『モリーズ・ゲーム』、ケヴィン・スペイシー出演映画の代替作品に

『モリーズ・ゲーム』、ケヴィン・スペイシー出演映画の代替作品に

ケヴィン・スペイシー

新作映画『モリーズ・ゲーム』が、ケヴィン・スペイシー出演作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の代替作品としてアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI) 映画祭にて上映されることがわかった。新たに上映が決定した同作は、アーロン・ソーキン監督による、ジェシカ・チャステイン主演のクライム映画で今月16日にTCL・チャイニーズ・シアターにて開催される同映画祭のクロージング作品となる。
同映画祭のディレクターを務めるジャクリーン・リアンガ氏は今回の件に関し、次のように語っている。「アーロン・ソーキンはアメリカ映画のマスターであり、彼の監督デビュー作がAFI映画祭を締めくくる作品として相応しいものであると我々は確信しています」「ソーキンにとって新たなキャリアの第一歩となるこの作品の上映は、彼の才能を紹介するのにこの上ないタイミングと言えます。彼の手によって、人をひきつけて止まない語り口と複雑な登場人物による女性興業師モリー・ブルームの物語が生まれました」
ソーキンが手掛ける同新作は、違法ポーカーを主催していた実在の女性モリーの実話をもとにした内容となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.