くらし情報『エヴァン・レイチェル・ウッド、心的外傷後ストレス障害が再発!?』

2017年11月15日 19:00

エヴァン・レイチェル・ウッド、心的外傷後ストレス障害が再発!?

エヴァン・レイチェル・ウッド、心的外傷後ストレス障害が再発!?

エヴァン・レイチェル・ウッド

昨今のハリウッドにおけるセクハラ騒動を受け、エヴァン・レイチェル・ウッドの心的外傷後ストレス障害(PTSD)が再発したという。『ウエストワールド』でおなじみのエヴァンは、ハーヴェイ・ワインスタイン、ケヴィン・スペイシー、ブレット・ラトナーらのセクハラ騒動により、過去のレイプ被害によって生じたPTSDが再発していることをSNSで明かした。
「PTSDが思いっきり再発している人は他にいるかしら?危険がまた襲ってくるようなあの感覚は大嫌い」というエヴァンの投稿に対し、PTSDの原因となる要素を1人のツイッターユーザーに尋ねられると「ガス照明、ナルシズム、複数のレイプ、殴打された経験、人生が何度も危険にさらされたこと、などなど」と答えたが、前向きに捉えようと努力しているようで「私たちはこれを乗り越えるということをみんなに知って欲しかったの」と綴った。
エヴァンは先日、元恋人と「バーのオーナー」とだけ明かしているレイプの加害者たちについて名前を明かすことを恐れていると明かしていた。ネット上に投稿された動画でエヴァンはこう語っていた。「私が加害者の名前を明かさないのにはいくつかの理由があるの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.