くらし情報『イーグルス・オブ・デス・メタル、パリ同時多発テロ事件2周年にサプライズパフォーマンス』

2017年11月15日 21:00

イーグルス・オブ・デス・メタル、パリ同時多発テロ事件2周年にサプライズパフォーマンス

イーグルス・オブ・デス・メタル、パリ同時多発テロ事件2周年にサプライズパフォーマンス

イーグルス・オブ・デス・メタル

イーグルス・オブ・デス・メタルが13日(月)、パリ同時多発テロ事件から2年を迎えたこと記念してパリでサプライズのショーを行った。ヴォーカルのジェス・ヒューズとギターのデイブ・キャッチングは、2015年11月13日のバタクラン劇場で行われていた同バンドのショーの最中に起こったテロリストによる襲撃で命を落とした89人をはじめとする犠牲者たちに追悼の意を贈った。
同事件からの生存者によって企画された今回のイベントは11区にある市役所で開かれ、イーグルス・オブ・デス・メタルは銃撃が始まる直前に演奏していた『アイ・ラヴ・ユー・オール・ザ・タイム』『セイブ・ア・プレイヤー』を犠牲者へと捧げた。
ジェスはそこで「みんなに会えてとても嬉しいよ」「僕らがここに今でも立っている理由は、みんながまだロックンロールを好きでいてくれるからだ」と観衆に語りかけ、犠牲者への尊敬の意を示す白の薔薇が配られた。
また、ジェスはその後のインタビューで、当時会場でバンドのグッズを販売していて犠牲者の1人となったニック・アレクサンダーの名を挙げ、「僕らの友人ニック・アレクサンダーをはじめとする失われた多くの人のことを考えずにはいられない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.