くらし情報『英劇場がケヴィン・スペイシーに対する20件のセクハラ報告を受ける』

2017年11月18日 11:00

英劇場がケヴィン・スペイシーに対する20件のセクハラ報告を受ける

英劇場がケヴィン・スペイシーに対する20件のセクハラ報告を受ける

ケヴィン・スペイシー

ロンドンのオールド・ヴィック・シアターによると、これまで20人がケヴィン・スペイシーからセクハラ行為を受けたと申し出ているそうだ。同シアターは、2004年から2015年に芸術監督を務めたケヴィンがその間に若い男性たちにセクハラを行っていたとの報告を受け、ケヴィンに対しての調査を開始しており、すでに多数の証言を受けているという。
同シアターは、ケヴィンの地位が高いため、特に若い俳優やスタッフたちはセクハラについて公表できなかったと声明で述べている。「きちんとした対処がなされるにも関わらず、被害に遭った人達はその内容やケヴィン・スペイシーが十分な同意もなく行為を働いたことを公表できなかったのです」「これは明らかに受け入れがたいことで、オールド・ヴィックは人々が自由に発言できるような環境を作っていなかったことを謝罪します」
また、同シアターのニック・クラリー理事長は「オールド・ヴィックで働いているいかなる人からの不適切な行為は全くもって許されるものではありません。我々はどんな種類やレベルであっても偏見やハラスメント、いじめのない安全で協力的な環境を作っていくつもりです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.