くらし情報『ブルーノ・マーズがアメリカン・ミュージック・アワードを席巻』

2017年11月21日 13:00

ブルーノ・マーズがアメリカン・ミュージック・アワードを席巻

ブルーノ・マーズがアメリカン・ミュージック・アワードを席巻

ブルーノ・マーズ

ブルーノ・マーズが今年のアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)最多受賞の栄誉を手にした。
19日(日)、ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターにてブルーノは、年間最優秀アーティスト賞、ポップ/ロック部門の最優秀男性アーティスト賞、『24K ・マジック』で最優秀アルバム賞を含む7冠を制した。
しかし当のブルーノ本人は、南米ツアーのために式典に出席できず、代わりにビデオメッセージをファンに送っていた。
ブルーノに続いてはキース・アーバンが、カントリー部門の最優秀男性アーティスト賞を含む3冠を達成した。プレゼンターのジャスティン・ハートリーとキャスリン・ハーンによってその栄誉が発表されたが、賞が多すぎてキースが両手で抱えきれないとキャスリンが冗談を飛ばすと、ジャスティンは客席の前列に座っていたキースの妻ニコール・キッドマンにも賞を手渡した。
その際、キースはニコールに向かって「もちろん、君もこの賞を分かち合うべきだよ」と語りかけ、妻と2人の子供、そしてファンらに感謝の意を表した。
他に特筆すべきは生涯功労賞を受賞したダイアナ・ロスで、同式典にて1980年の自身のヒット曲『アイム・カミング・アウト』そして『思い出にかわるまで』、『イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード』を披露した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.