くらし情報『ジュード・ロウ、新作『キャプテン・マーベル』でメインの男性役』

2017年11月24日 20:00

ジュード・ロウ、新作『キャプテン・マーベル』でメインの男性役

ジュード・ロウ、新作『キャプテン・マーベル』でメインの男性役

ジュード・ロウ

ジュード・ロウが『キャプテン・マーベル』出演に向けて交渉中だ。ブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルこと本名キャロル・ダンバース役に決まっている同作で、ジュードがメインの男性役を演じるため交渉を進めているとヴァラエティ誌が報じている。マーベル側からは未だコメントは出ていない。
ベン・メンデルソーンがヴィランを演じる同作では、サミュエル・L・ジャクソンが2008年の『アイアンマン』を始め、これまでに6回演じているニック・フューリー役を続投する予定だ。
同作はアンナ・ボーデンとライアン・フレックの監督コンビがメガホンを取り、マーベル・スタジオ社のケヴィン・フェイグ社長がプロデューサーを担当する。また、アニメ映画『インサイド・ヘッド』のメグ・レフォブとニコール・パールマンによる初稿を基に、ジュネーブ・ロバートソン・ドゥウォレットが脚本を執筆している。
ベンの役柄については分かっていないものの、フェイグ社長は異星人の種族であるスクラルが同作に登場すると発表していた。
キャプテン・マーベルはライターのロイ・トーマスによって生み出され、1968年にアーティスト、ジーン・コランによって描かれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.