くらし情報『カート・ラッセル、ネットフリックスの新作映画でサンタクロース役へ』

2017年12月8日 19:00

カート・ラッセル、ネットフリックスの新作映画でサンタクロース役へ

カート・ラッセル、ネットフリックスの新作映画でサンタクロース役へ

カート・ラッセル

カート・ラッセル(66)がネットフリックスの新作映画でサンタクロースを演じるようだ。カートは題名未定のクリスマス映画で、ネットフリックスのホラーコメディ映画『ザ・ベビーシッター』に出演したジュダ・ルイス(16)や子役ダービー・キャンプらと共演することになった。
同作は兄妹2人がサンタは本物だと証明するため、カメラにその姿を捉えようとするストーリーが描かれる。しかし、2人はシカゴでサンタのそりが衝突する原因となってしまい、世界中の子供たちにサンタからのプレゼントが届けられないという事態を回避するため、クリスマスを計画通りに戻すよう手伝うことになる。
当初は『12/24』とタイトルが付けられていたとされる同作の脚本は、デヴィッド・グッゲンハイムのオリジナル構想を基に『アダムス・ファミリー』アニメ版の脚本をまとめたマット・リーバーマンが執筆した。
クレイ・ケイティスが同作でメガホンを取る予定で、『ホーム・アローン』で監督を務めたクリス・コロンバスがケイティスと共にプロデューサーを担当し、来年のクリスマス時期の公開を目指して1月から撮影が始まる予定だ。
今年公開された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』でエゴ役を演じたカートは、同じく今年公開の人気シリーズ第8弾『ワイルド・スピードICE BREAK』にも出演するなど、再びの活躍ぶりを見せている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.