くらし情報『第75回ゴールデン・グローブ賞、『シェイプ・オブ・ウォーター』『ビッグ・リトル・ライズ』が最多ノミネート』

2017年12月12日 16:00

第75回ゴールデン・グローブ賞、『シェイプ・オブ・ウォーター』『ビッグ・リトル・ライズ』が最多ノミネート

第75回ゴールデン・グローブ賞、『シェイプ・オブ・ウォーター』『ビッグ・リトル・ライズ』が最多ノミネート

ギレルモ・デル・トロ

第75回ゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表され、『シェイプ・オブ・ウォーター』『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』が最多候補に挙がった。
ギレルモ・デル・トロ監督による口がきけない清掃員を描いた『シェイプ・オブ・ウォーター』は映画部門でドラマカテゴリーにおける作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞、作曲賞の候補に挙がったほか、サリー・ホーキンスの主演女優賞、オクタヴィア・スペンサーの助演女優賞、リチャード・ジェンキンスの助演男優賞を合わせ計7部門でノミネートされた。
続いてはジャーナリストの実話の映画化『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』と殺人事件を描いたミステリー作品『スリー・ビルボード』がそれぞれ6部門の候補に挙がった。
ドラマ部門の作品賞を巡っては、戦争映画『ダンケルク』、青春映画『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』がその3作品と競い合うほか、コメディ/ミュージカル部門では『ザ・ディザスター・アーティスト』『レディー・バード』『グレイテスト・ショーマン』『アイ、トーニャ』『ゲット・アウト』がノミネートを受けた。
一方、テレビ部門では『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』が計6ノミネートで最多となっており、主演のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンは『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』のジェシカ・ラングとスーザン・サランドン、『The Sinner -記憶を埋める女-』のジェシカ・ビールとリミテッドシリーズ/テレビムービー部門の女優賞を巡って熾烈な争いを繰り広げることになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.