くらし情報『オプラ・ウィンフリー、セシル・B・デミル賞受賞へ』

2017年12月15日 10:00

オプラ・ウィンフリー、セシル・B・デミル賞受賞へ

オプラ・ウィンフリー、セシル・B・デミル賞受賞へ

オプラ・ウィンフリー

オプラ・ウィンフリー(63)が来年のゴールデン・グローブ賞でセシル・B・デミル賞を受賞することになった。ケーブルテレビ局、雑誌、制作会社を持つオプラは「エンターテインメント業界に多大なる影響を与えた」ことが認められ、同賞を授かることが決まった。
ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の代表メヘル・タトナ氏は「世界的なメディアのリーダー、慈善家、プロデューサー、そして女優として、オプラは世界中の人々とこれまでにないコネクションを創りあげてきました。それゆえ、オプラは今日もっとも尊敬され、称賛される人物となったのです」「理事長やCEO、創設者という肩書を持つオプラは今の時代もっとも影響力のある女性のうちの一人であり、特に75周年を迎えるゴールデン・グローブ賞に相応しい栄誉となります」と話している。
受賞が決まったオプラはツイッターで「なんて光栄なの」とコメントし、ゴールデン・グローブ賞に感謝を伝えている。
今回の受賞はHFPAによる『第75回ゴールデン・グローブ賞スペシャル』にて、2012年に同賞を受賞したモーガン・フリーマンによって発表されていた。これまでモーガンの他にもロビン・ウィリアムズやハリソン・フォード、オードリー・ヘップバーン、メリル・ストリープらが同賞を受賞してきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.