くらし情報『ジーン・シモンズ、性的暴行の訴えを否定』

2017年12月19日 12:00

ジーン・シモンズ、性的暴行の訴えを否定

ジーン・シモンズ、性的暴行の訴えを否定

ジーン・シモンズ

ジーン・シモンズが、性的暴行の訴えを否定している。
先週、シモンズは、ロサンゼルス上位裁判所にて、匿名のラジオ/TVキャスターから「望まない、不当な、性的アプローチ」をされたとして訴えを起こされていた。
この訴えに対し、米音楽サイト、アルティメット・クラシック・ロックにて、シモンズは声明文を通しこう語っている。
「メディア上で見たかもしれないが、あの疑惑について否定する。実際、その女性に、訴えにあるような傷つけるようなやり方で暴行などしていない。現在、弁護士と話し合いをして、反論の準備をしている。法廷にて無実が証明される日が待ち遠しいね」
原告によると、カリフォルニア州、ハイランド・パークにあるサン・マニュエル・カジノのレストランにてシモンズと同じくキッスのメンバーであるポール・スタンレーにインタビューを行っている際、事は起こったという。
そこでシモンズは、女性の手を掴み、力ずくで自分の膝の上に乗せた後、彼女の喉を軽くたたいたという。
他にも、宣伝写真を撮影する際、原告の女性のお尻を触ったとして、「被告ジーン・シモンズは通常のインタビューを性的なほのめかしに使い、原告を著しく不快にした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.