くらし情報『マイケル・コース、クルーエルティーフリー宣言』

2017年12月19日 14:00

マイケル・コース、クルーエルティーフリー宣言

マイケル・コース、クルーエルティーフリー宣言

マイケル・コース

マイケル・コース(58)がクルーエルティーフリーを掲げた。
1981年に創設された同ブランドが、今後、自社の製品に動物を一切使用しないことを発表した。
同ブランドのチーフ・エグゼクティブのジョン・アイドル氏は今後の方向性について語った際、ファービジネスから手を引く」と宣言した。
ビジネス・オブ・ファッションによると、マイケルは最近、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)に接触し、1990年代から様々なブランドにクルーエルティーフリーを訴えている同団体に触発されたようだ。
しかし同ブランドがふわふわのアイテムを捨て去るわけではないようで、フェイクファーを使った代替品の開発をしているという。
同社は「模造技術の発達によって、今日我々は動物のファーを使わずに豪華で美しいものを作り上げる術を持っています。2月のランウェイではこれらの新技術をお見せします」としている。
しかしそのファーフリーのアイテムが発売開始されるのは2018年の12月となることから、クルーエルティーフリーの完全な廃止はまだまだ先となる。そして、同ブランド名を冠した商品だけではなく、今年マイケルが買収したジミーチュウもクルーエルティーフリーになる予定だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.