くらし情報『マイケル・ジャクソンの児童性的虐待訴訟が棄却』

2017年12月21日 16:00

マイケル・ジャクソンの児童性的虐待訴訟が棄却

マイケル・ジャクソンの児童性的虐待訴訟が棄却

マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンが振付師のウェイド・ロブソンに児童性的虐待を行ったとして長年続いていた裁判が棄却された。子供の頃にマイケルからいたずらをされたとしてロブソンはマイケルを訴えていたが、19日(火)にロサンゼルス郡上位裁判所のミッチェル・ベックロフ裁判官はロブソンが2013年にマイケルの遺産管理団体に対して訴えを起こしたのは遅すぎると判決を下した。
17ページに渡る判決の中で、裁判官はロブソンが後からマイケルの会社に矛先を変えようとした試みについても無効と記している。
裁判官は性的虐待についての判決は下さなかったものの、マイケルは生前MJJプロダクションズとMJJベンチャーズの単独の株主であったため、同社の他の職員には責任はなかったとし、事件が起こったとされるネバーランドに関してもマイケルが所有者であったため、会社側は安全措置を取る権利は持ち合わせていなかったと指摘した。
この判決を受け、マイケルの弁護団はロブソンが真実を求めていたわけではなく、金銭目当てで訴訟を起こしたとコメントしている。ハワード・ワイツマン弁護士はニューヨーク・デイリーニューズ紙に対し、「私の意見としてはロブソン氏による訴えは、20年以上前に起こったことであると同時に、陪審員の前でも含め、マイケル・ジャクソンから不適切なことをされたことはないという2度の宣誓証言の後に起こされたものでしたので、真実の探求というよりも金銭目的であったのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.