くらし情報『エマ・ストーン、メイクでセクハラ抗議運動の支持表明』

2018年1月9日 08:00

エマ・ストーン、メイクでセクハラ抗議運動の支持表明

エマ・ストーン、メイクでセクハラ抗議運動の支持表明

エマ・ストーン

エマ・ストーンがゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットで、メイクでもセクハラ抗議運動「タイムズ・アップ」を支持する姿勢を見せた。7日(日)にビバリーヒルズで開かれた同式典で、他の多くの参加女優と同じくセクハラ抗議のためブラックのドレスを着て登場したエマだが、ドレスだけでなく、メイクも19世紀のフェミニストが使用したグリーンとホワイトのアイシャドウにヴァイオレットの口紅というスタイルできめていた。
メイクアップアーティストのレイチェル・グッドウィンはピープルスタイル誌にこう話している。「女優達がブラックのドレスを着てセレモニーに出席することやその背景にあるメッセージ、私の友人であるアリアンヌ・フィリップスが『タイムズ・アップ』のピンをデザインすることなどを聞いた時、私もメイクにメッセージ性を持たせたいと思いました」「真紅の口紅は婦人参政権論者がつけたものだと思ったので、もう少しリサーチすると、特定のベルトやピン、ペチコートなどが着用されていたことが分かって、しかもそれらはパープル、エメラルドグリーン、ホワイトのものだったと分かったのです」「なので私はただのマスカラや口紅というだけでなく、メイクにも深い意味を持たせたいと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.