くらし情報『レディー・ガガ、ワイン登録が先延ばしに』

2018年1月16日 14:00

レディー・ガガ、ワイン登録が先延ばしに

レディー・ガガ、ワイン登録が先延ばしに

レディー・ガガ

レディー・ガガのワイン登録申請が保留になっているという。
最近、ガガの亡き叔母の名前にちなんだジョアン・トラットリア・ヴィーノ・ブランコとジョアン・トラットリア・ヴィーノ・ロッサという白と赤のワイン名をガガの代理人らが登録申請していたことが報じられていたが、別会社がトラットリアという名称の権利を既に有していたという。
ザ・ブラストによると、米国特許商標局は、同じ名前が含まれたワインが新しく作られると消費者の間に混乱を生むとして、現在ガガの申請を保留しているという。
問題のトラットリアという名前の権利は2015年に既に認可されていたようだ。
先月には、ガガが申し込んだ2つの名前の使用目的は「ワイン、既成ワインカクテル、ワインクーラー、ワインパンチ、既成アルコールカクテル」とされていると報道されていた。
また、ガガの叔母ジョアンは最新アルバムのタイトルにもなっているほか、父ジョー・ジャーマノッタがニューヨーク市内に持つイタリアンレストランもジョアン・トラットリアと名付けられている。
また、昨年の2月もガガはグリージョ・ガールズという名でワインやワインクーラー、ワインカクテル、ワインパンチの商標登録を申請していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.