くらし情報『コリン・ファース、今後ウディ・アレンとの仕事を拒否』

2018年1月20日 11:00

コリン・ファース、今後ウディ・アレンとの仕事を拒否

コリン・ファース、今後ウディ・アレンとの仕事を拒否

コリン・ファース

コリン・ファースが今後ウディ・アレンと仕事はしないと断言した。アレンが2014年に監督した『マジック・イン・ムーンライト』でエマ・ストーンと共演したコリンだが、アレンの養女ディラン・ファローがアレンによる性的虐待について語ったテレビでのインタビューが放送された当日、アレンを拒絶する姿勢を見せている俳優陣に加わった。コリンは「もう二度とアレンとは仕事しない」と話している。
ハーヴェイ・ワインスタインの製作会社が手掛けた『英国王のスピーチ』に出演しアカデミー主演男優賞を獲得したコリンは、昨年にもワインスタインに反対する発言をしており、25年以上も前にワインスタインとの「嫌な体験」を女優ソフィー・ディックスに打ち明けられた際に十分な措置をしなかったことを恥じていると話していた。
ディランの告白に続き、俳優らがアレンを拒否する姿勢を見せているが、アレン監督最新作『ア・レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』に出演しているセレーナ・ゴメスは、タイムズ・アップ・リーガル・ディフェンス基金に「大金」を寄付したと報じられたばかりだ。寄付金額は出演料をはるかに上回るものだという。
共演者ティモシー・シャラメもタイムズ・アップのキャンペーンとニューヨークにあるLGBTセンター、性的虐待撲滅を目指す機関レイプ、アビュース&インセスト・ナショナル・ネットワーク(RAINN)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.