くらし情報『ライアン・レイノルズ、人気ボードゲームを映画化』

2018年1月24日 22:00

ライアン・レイノルズ、人気ボードゲームを映画化

ライアン・レイノルズ、人気ボードゲームを映画化

ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズが推理ボードゲーム、クルードを基にした映画を製作するという。
ライアンはゲームの実写版となるこの作品で、主演製作を兼任した『デッドプール』で脚本を担当したレット・リースとポール・ワーニックと再びタッグを組む方向で話し合いを進めており、デッドラインによると、ライアンの製作会社マキシマム・エフォートと20世紀フォックスが結んだ3年間のファーストルック契約からの初作品となるようだ。
マキシマム・エフォート社と玩具メーカー、ハスブロ社の映画部門オールスパーク・ピクチャーズが共同製作する同新作だが、基となっているのはアメリカで「クルー」としても親しまれるボードゲームで、各々プレイヤーは凶器、犯行現場など手持ちのカードを手掛かりに犯人を推理する。
マキシマム・エフォート社は『デッドプール』で7億8300万ドル(約870億円)もの興行収入をたたき出したことでフォックスとの契約を獲得するに至っていた。
今年の6月には『デッドプール2』の日本公開が控えているライアンだが、先月にはポケモン初の実写版となる映画『名探偵ピカチュウ』に出演が決まったことが報じられていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.