くらし情報『ラクダがボトックス注射使用発覚でコンテスト失格に』

2018年1月26日 15:00

ラクダがボトックス注射使用発覚でコンテスト失格に

ラクダがボトックス注射使用発覚でコンテスト失格に

ラクダがボトックス注射使用発覚でコンテスト失格に

サウジアラビアで開かれたビューティーコンテストにて、ボトックス注射の使用が発覚したことにより失格となったラクダがいるという。毎年恒例で開かれるラクダの美人コンテストで、12頭ものラクダが同地で厳しく禁止されているボトックスを使用していたことが発覚したそうだ。
このイベントは賞金が計5700万ドル(約62億円)ともされる大規模なものであるため、不正行為を行ってでも勝とうとする参加者もいるようだ。
しかし昨年の手引書には「唇への薬の使用、そのほかの部分における毛剃りや染色など、人工的な変更が加えられたラクダは参加不可」と書かれている。
審査員長は「ラクダはサウジアラビアのシンボルです。過去には必要性から保護していましたが、現在は娯楽として保存しています」と話した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.