くらし情報『アンジェラ・サラフィアン、 殺人鬼テッド・バンディの伝記映画に出演』

2018年1月26日 20:00

アンジェラ・サラフィアン、 殺人鬼テッド・バンディの伝記映画に出演

アンジェラ・サラフィアン、 殺人鬼テッド・バンディの伝記映画に出演

アンジェラ・サラフィアン

アンジェラ・サラフィアンが『エクストリームリー・ウィキッド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル』のキャストに加わった。ザック・エフロンが実在の連続殺人犯テッド・バンディを演じる同伝記映画で、アンジェラはジョアンナ役として出演することになったとデッドラインが報じている。
ジョアンナはバンディの長年恋人関係にあったエリザベス・クレプファー(リリー・コリンズ)の親友で、エリザベスがバンディに疑惑を抱くようになるきっかけとなる人物だ。
すでにジョン・マルコヴィッチが当時バンディのフロリダでの裁判を担当し、1979年に死刑判決を下した裁判官のエドワード・カワート役を演じると報じられている。自分自身で弁護を行ったこのバンディの裁判の様子は当時全米でテレビ放送されていた。
『パラダイス・ロスト:ザ・チャイルド・マーダーズ・アット・ ロビン・フッド・ヒルズ』のジョー・バーリンガーがメガホンを取る同作は、70年代、若い女性を次々に強姦・殺害し、アメリカ及び全世界をも震撼させた凶悪殺人犯バンディの実話をもとに描かれる。脚本を担当するのはマイケル・ワーウィーで、物語はバンディの当時の恋人エリザベスの視点から描かれるようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.